株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホーム書籍情報既刊書籍2000年09月関ヶ原決戦 明日を築く闘い

書籍情報

関ヶ原決戦 明日を築く闘い

祖父江一郎

ジャンル 税込 発売日 種類 サイズ ページ ISBN
時代・歴史小説 ¥2,376 2000/09/08 単行本 四六判上製 416P 489456-902-7
関ヶ原決戦 明日を築く闘い
前田利家の重臣として活躍し、利家の死後、悲劇の死を迎えた片山伊賀守延高。戦のない平和な世の中を作るという延高の遺志、それは、生前、彼に惚れ込んだ徳川家康、家康の重臣・本多佐渡守正信によって受け継がれた。関ヶ原合戦、それは天下を決するための戦いではない。世の中から戦いをなくすための闘いであった。家康、本多佐渡、石田三成、直江山城、延高を師と仰いだ本多佐渡の息子・政重、延高の生き写しである甚平、そして多くの武将たちが、それぞれの思いを抱いて決戦にのぞむ。前著「関ヶ原前譜」で歴史小説界に颯爽とデビューを果たした著者が独自の解釈で挑む、誰も描かなかった関ヶ原合戦。
※只今在庫切れのため、当サイトでご注文はできません。

ページトップ