株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホーム書籍情報既刊書籍1999年12月ピカソ 青の時代の殺人

書籍情報

ピカソ 青の時代の殺人

佐伯泰英

ジャンル 税込 発売日 種類 サイズ ページ ISBN
推理・ミステリー・サスペンス ¥907 1999/12/18 文庫 文庫判 384P 489456-623-0
ピカソ 青の時代の殺人
東京競馬場の駐車場で一台のロールスロイスが炎上、その中から死に化粧を施された異様な男の死体が発見される。男は西洋骨董店「四匹の猫<カトレ・ガッツ>」のオーナー・阿澄林成。事件を追う府中署刑事・夏苅真左の前に現れたのは、若き日のピカソが描いたと思わしき一枚の絵だった! スペインへ飛んだ夏苅は、ピカソの“青の時代”の秘話に触れ、事件の核心へと迫るのだが……。国際色豊かに描く、壮大なサスペンス・ミステリー長篇。            (解説・細谷正充)

ページトップ

SUB MENU

MAGAZINE