株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホーム書籍情報既刊書籍2011年09月秋彼岸 八丁堀夫婦ごよみ

書籍情報

秋彼岸 八丁堀夫婦ごよみ

早見俊

ジャンル 税込 発売日 種類 サイズ ページ ISBN
時代・歴史小説 ¥838 2011/09/15 文庫 文庫判 296P 978-4-75843594-9
秋彼岸 八丁堀夫婦ごよみ
日輪が舐めるように大地を焦がす、残暑が厳しい江戸の初秋。美佐と徳太郎は母の祥月命日に、かつて母がよく飴を買ってくれた唐人飴売りの吉次と出会う。継母である操を気遣いつつも、思い出の味を買い続けてしまう二人。一方、卯一郎と神崎らの南町奉行所の同心は、子どもを狙った人さらいの横行に悩まされていた。親の子への思い、子の親への思い。果たしてどちらがより切実なのだろうか・・・・・・(「野分の飴」)。卯一郎の道場仲間の起こした意外な事件(「悔恨の秋日和」)、岡っ引きの息子である操の弟が選んだ将来の道(「立志の時」)など、八丁堀に暮らす夫婦の生活と、風情溢れる江戸の四季を描いた人気作、第二弾!
紀伊国屋書店で購入 Amazonで購入 楽天で購入

ページトップ