株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホーム書籍情報既刊書籍2012年11月木枯らしの朝 蕎麦売り平次郎人情帖

書籍情報

木枯らしの朝 蕎麦売り平次郎人情帖

千野隆司

ジャンル 税込 発売日 種類 サイズ ページ ISBN
時代・歴史小説 ¥755 2012/11/15 文庫 文庫判 280P 978-4-75843699-1
木枯らしの朝 蕎麦売り平次郎人情帖
元南町奉行所の同心で、今は屋台の蕎麦売りの菊園平次郎は、同心時代に捕らえ死罪になった男の遺児・長太郎の逆恨みに遭い、妻と娘を殺害された。しかし二人を殺害した後、江戸を出奔したはずの長太郎がどうやら江戸に姿を現したらしい。最愛の二人を殺した男に対し、真っ当な人生を歩んでいるのならば、もう咎める事はしないと考えた平次郎。だが、長太郎の周囲では非道な盗賊の姿がみえはじめ、平次郎は探索を始める事に――。今際の際に遺された妻からの言葉を胸に、平次郎は恨みの連鎖を裁ち切る事ができるのか!? 大好評シリーズ、堂々の完結。
紀伊国屋書店で購入 Amazonで購入 楽天で購入

ページトップ