株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホーム書籍情報既刊書籍2014年01月飛鳥山の骸 朱引黒引双つ江戸

書籍情報

飛鳥山の骸 朱引黒引双つ江戸

吉田雄亮

ジャンル 税込 発売日 種類 サイズ ページ ISBN
時代・歴史小説 ¥715 2014/01/15 文庫 文庫判 320P 978-4-75843792-9
飛鳥山の骸 朱引黒引双つ江戸
町奉行支配の黒引内と関東郡代支配の朱引内に二分された江戸は、その管轄の違いが悪人の温床となっていた。微緑の御家人ながら棒術と剣の達人・片桐新九郎は、大目付の石川采女正から朱引見廻役を任ぜられ、棒手振りに身を隠しつつ、江戸の無法地帯を巡って悪を断つ。ある時、新九郎は早朝の飛鳥山で、刺殺された美女の死体を発見する。付近を治める金輪寺の寺侍・谷とともに下手人を捜すものの、やって来た火付盗賊改方の二人組は動きが鈍く、探索は行き詰まる。次なる殺人と謀略を、新九郎は止められるか――。狭間の巨悪を叩き斬る、痛快書き下ろし時代長編、待望の続編登場!!
紀伊国屋書店で購入 Amazonで購入 楽天で購入

ページトップ