株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホーム書籍情報既刊書籍2015年11月市太郎ずし 浅草料理捕物帖 二の巻

書籍情報

市太郎ずし 浅草料理捕物帖 二の巻

小杉健治

ジャンル 税込 発売日 種類 サイズ ページ ISBN
時代・歴史小説 ¥737 2015/11/14 文庫 文庫判 280P 978-4-75843955-8
市太郎ずし 浅草料理捕物帖 二の巻
浅草の一膳飯屋『樽屋』の板前である孝助は、実家の名店『なみ川』が取り潰された真相を探るべく、悪評高い蝮の文蔵の下っ引きとして働く日々を送っていた。米酢を使った「握りずし」が『華屋』で考案されてからまもなく、市太郎のすし屋台で、コハダずしを食べた旗本らが何人も亡くなった。文蔵はトリカブトが使われたと推理するが、やがて奉行所に入牢している錠前破りの名人・虎一を出せとの投文が届く。浅草一円の食い物屋を脅かす賊の狙いとは。孝助は浪人・越野十郎太と、毒の遣い手を追うが、武士とコハダには奇妙な因縁があった――。江戸の美食と、それに潜む謎を推理する捕物帖。大好評第二弾の登場!!
紀伊国屋書店で購入 Amazonで購入 楽天で購入

ページトップ