株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホーム書籍情報既刊書籍2016年09月いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命

書籍情報

いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命

角川春樹・清水節

ジャンル 税込 発売日 種類 サイズ ページ ISBN
芸術・映画・音楽・工芸 ¥1,620 2016/09/30 単行本 四六判並製 260P 978-4-75841295-7
いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命
斜陽産業と呼ばれることに甘んじていた1970年代半ばの日本映画界に現れ、驚天動地の手法で大いなる変革をもたらした異端児・角川春樹。かつて一大イベントを仕掛けた角川映画の戦略は「角川商法」と呼ばれ、批判にさらされながらも、やがてその手法は、近代化と効率化を余議なくされる日本映画界のスタンダードになっていった。『犬神家の一族』『人間の証明』『野性の証明』『蘇る金狼』『戦国自衛隊』『復活の日』『セーラー服と機関銃』『幻魔大戦』『時をかける少女』『愛情物語』『天と地と』『男たちの大和』……七十本以上という膨大な数の映画を制作してきた角川春樹の激動の映画史を、本人の言葉によって紐解く。
Amazonで購入 楽天で購入

ページトップ

SUB MENU

MAGAZINE