株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホーム書籍情報既刊書籍2018年01月父子ゆえ 摺師安次郎人情暦

書籍情報

父子ゆえ 摺師安次郎人情暦

梶よう子

ジャンル 税込 発売日 種類 サイズ ページ ISBN
時代・歴史小説 ¥1,404 2018/01/13 単行本 四六判並製 296P 978-4-75841317-6
父子ゆえ 摺師安次郎人情暦
神田明神下の長屋にひとり暮らす安次郎は、女房のお初に先立たれて5年。子の信太をお初の実家に預け、一流の職人として様々な浮世絵を摺ってきた。その仕事の秀逸さと正確さから、喰いっぱぐれの心配がないほどいい腕を持っていると、ついた名は「おまんまの安」。寡黙ながら、実直で練達な彼のもとには、摺りの依頼が次々と届く。ある日、義兄が安次郎の住む長屋に駆け込んできて、信太に一大事というが……。12歳で親兄妹を火事で失い、女房にも先立たれ、心に傷を負って生きてきたひとりの摺師が、たった一人の家族である信太から幸せと愛を教えられ、ふたりで新しい人生の一歩を歩み始める。人々が抱え込む淀んだ心を、安次郎のたしかな腕が澄み切った色へと染めていく。人の心の機微と粋な人情が織りなす連作時代小説。
紀伊国屋書店で購入 Amazonで購入 楽天で購入

ページトップ

SUB MENU

MAGAZINE