株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホーム書籍情報既刊書籍2019年10月浮世の豆腐 一膳めし屋丸九(二)

書籍情報

浮世の豆腐 一膳めし屋丸九(二)

中島久枝

ジャンル 税込 発売日 種類 サイズ ページ ISBN
時代・歴史小説 ¥726 2019/10/12 文庫 文庫判 232P 978-4-75844296-1
浮世の豆腐 一膳めし屋丸九(二)
若葉の季節。初物好きの江戸っ子にとって、初がつおが出回る楽しみな時季だ。一膳めし屋丸九のおかみ・お高や、手伝いのお近もかつおが待ち遠しい。そんな折、先代から丸九で働くお栄は、古くからの友達・おりきに誘われ、飲み仲間四人で割符の富くじを買った。渋々買ったその富くじが……(第一話)。またある日、近所の俵物問屋・長谷勝の若い衆が、丸九の豆腐を食べて腹をこわしたと因縁をつけに来て……(第三話)。かつおのたたき、豆ご飯、冷ややっこに小さな甘味……笑えて泣けて、とびきりおいしい傑作時代小説第二作。
紀伊国屋書店で購入 Amazonで購入 楽天で購入

ページトップ