株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation

Life is Wonderful - ライフ イズ ワンダフル

ホームオンライン小説

オンライン小説

Webランティエ

名古屋駅西 喫茶ユトリロ2

一覧を見る

東京生まれの鏡味龍(とおる)が名古屋に暮らし一年が経った。いくつかの名古屋めしを経験した龍だったが、きしめんをはじめ、まだまだ多くの名古屋めしが龍を待ち受けていた……。日本ど真ん中書店大賞小説部門第三位に入った人気作、待望の続編!
イラスト:ネコポンギポンギ

太田忠司

太田忠司(おおた・ただし)

1959年愛知県生まれ。名古屋工業大学卒業。81年、「帰郷」が星新一ショートショート・コンテストで優秀作に選ばれ、90年、長編ミステリ『僕の殺人』で作家デビュー。「狩野俊介」、「霞田兄妹」など人気シリーズを多数執筆。『新宿少年探偵団』は映画化された。2004年、『黄金蝶ひとり』でうつのみやこども賞受賞。2017年、『名古屋駅西 喫茶ユトリロ』で日本ど真ん中書店大賞小説部門3位。『月読』『万屋大悟のマシュマロな事件簿』『さよなら、と嘘をつく ――沙之里幽譚』など著書多数。


第二回:『雑煮と擦れ違う思い』後編 (PDF:約899KB)
●2018/6/1 UP

おやすみ、東京

※吉田篤弘さんの連載「おやすみ、東京」をご愛読いただき、ありがとうございました。この連載は、2018年6月に書籍化予定です。

パラレルワールド

一覧を見る

ヒロくんはお父さんとお母さんと三人で仲良く暮らしています。でも、お母さんにはお父さんが見えないのです。――大災害で崩壊した家族を蘇らせるために奮闘する少年はおぞましい怪物と対決しなければならなかった。

※小林泰三さんの連載は今回で終了し、大幅加筆の上、単行本として刊行する予定です。

小林泰三

小林泰三(こばやし・やすみ)

1962年京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー大賞短編賞を受賞し、デビュー。98年「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞国内部門、2012年『天国と地獄』で第43回星雲賞日本長編部門、14年『アリス殺し』で啓文堂大賞(文芸書部門)をそれぞれ受賞。『アリス殺し』は「SUGOI JAPAN Aword 2016」エンタメ小説部門3位にもなった。『密室・殺人』『ΑΩ』『人獣細工』『家に棲むもの』『クララ殺し』など著書多数。


『第Σ鵝 (PDF:約560KB)
●2017/11/1 UP

芸能人ショートショート・コレクション

一覧を見る

これはフィクション!? ノンフィクション!?
ショートショート作家・田丸雅智が出会った芸能人の摩訶不思議な物語!

田丸雅智

ショートショート作家 田丸雅智(たまる・まさとも)

1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年、『物語のルミナリエ』(光文社文庫)に「桜」が掲載され作家デビュー。12年、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。「海酒」は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。15年からは自らが発起人となり立ちあがった「ショートショート大賞」において審査員長を務め、また、全国各地でショートショートの書き方講座を開催するなど、新世代ショートショートの旗手として幅広く活動している。著書に代表作『海色の壜』、『E高生の奇妙な日常』など多数。
田丸雅智 公式サイト


『スポットライトに魅せられて――綾部祐二』
●2017/9/22 UP

眼下の敵

一覧を見る

例年よりはるかに厳しい冬の寒さに襲われた吐裸羅島。「民間探偵」を名乗る呪師霊太郎は、何かに導かれるようにたどり着いた小屋に囚われていた美少女・カグヤを観てしまう。が、そのためにカグヤを巡る男たちの競争に巻き込まれてしまう。その争いはやがて意外な結末を迎えるのだが――。

山田正紀

山田正紀(やまだ・まさき)

昭和25年名古屋市生まれ。明治大学経済学部卒業。49年、『神狩り』で作家デビュー。52年『神々の理葬』で第4回角川小説賞、57年『最期の敵』で第3回日本SF大賞を受賞。平成14年『ミステリ・オペラ』で本格ミステリ大賞と日本推理作家協会賞を受賞。著書に『クトゥルフ少女戦隊』『ファイナル・オペラ』『おとり捜査官』『仮面(ペルソナ)』『新曲法廷』などがある。


眼下の敵 前篇 (PDF:約826KB)
●2016/4/25 UP
著作権・ダウンロードについて
本ページのコンテンツは無料で公開しておりますが、許可なくミラーを含む他サーバーへのアップロード、winMX / winnyなどのP2P共有を含む再配布を禁じております。営利 / 非営利を問わず、プリントアウトの配布もご遠慮ください。
この小説を御覧になるためには、アドビ社から配布されているアドビリーダー Ver.5.0以上が必要です。
お持ちでないかたは、以下のアイコンをクリックしてソフトウェアをダウンロードして下さい。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードはこちら

ページトップ

SUB MENU

MAGAZINE