最新号

お知らせ

【第16回角川春樹小説賞】決定のお知らせ

「第16回角川春樹小説賞」の最終選考会が2024年5月24日に行われ、受賞作が下記の通りに決定いたしました。

第16回角川春樹小説賞受賞作
『真令和復元図』  桜田 光
(佐賀県嬉野市在住)

「第16回角川春樹小説賞」は、2023年11月17日に締め切られ、計399作品の応募がありました。最終選考に残った作品は以下の3作品でした(順不同)。

『則天秘記』 坂井のどか
『真令和復元図』  桜田 光
『碧海のまほろば』  菅野 稀

受賞作は今秋、刊行予定です。

また、引き続き第17回角川春樹小説賞の応募作品を募集しています。
応募要項は当社のウェブサイトにて公開中です。ぜひご応募ください。

※選考に関するお問い合わせには応じられません。ご了承下さい。

【第16回角川春樹小説賞】二次選考結果のお知らせ

第16回角川春樹小説賞におきまして、二次選考の結果、以下の3作品が最終選考へと進みました。

『則天秘記』 坂井のどか
『真令和復元図』 桜田 光
『碧海のまほろば』 菅野 稀

最終選考の結果は、「ランティエ7月号」及び弊社サイトにて発表の予定です。

※選考に関する問い合わせには応じられません。ご了承下さい。

【第15回角川春樹小説賞】一次選考結果のお知らせ

第15回角川春樹小説賞におきまして、一次選考の結果、以下の11作品が二次選考へと進みました。

『奥州狼狩奉行始末』 東 圭一
『斉国の牙』 菅野 稀
『我がキモサベ、信長よ』 陸 理明
『祓禳の祝』 佐倉芳春
『重門』 十川峻一
『英国王室に、ご用心』 福田剛士
『よもぎと紅』 文月美弥
『三本の道』 益田和則
『僕と瓶詰めと静子さん』 実澄 彩
『幻獣列国記――笑わない氷の王と、窮地の虎』 門田真青
『斑模様の血脈』 山本純嗣
(五十音順)

【第15回角川春樹小説賞】決定のお知らせ

「第15回角川春樹小説賞」の最終選考会が5月27日に行われ、受賞作が下記の通り決定いたしました。

【第15回角川春樹小説賞受賞作】
『奥州狼狩奉行始末』  東 圭一
(神奈川県横浜市在住)

『第15回角川春樹小説賞』は、2022年11月18日に締め切られ、計344作品の応募がありました。
最終選考に残った作品は以下の3作品でした(順不同)。

『斑模様の血脈』  山本純嗣
『僕と瓶詰と静子さん』  実澄 彩
『奥州狼狩奉行始末』  東 圭一

受賞作は今秋、刊行予定です。

また、引き続き第16回角川春樹小説賞の応募作品を募集しています。
応募要項はこちら
ぜひご応募ください。

※選考に関するお問い合わせには、応じられません。ご了承ください。

【第15回角川春樹小説賞】二次選考結果のお知らせ

第15回角川春樹小説賞におきまして、二次選考の結果、以下の三作品が最終選考へと進みました。

斑模様の血脈     山本純嗣
僕と瓶詰と静子さん  実澄 彩
奥州狼狩奉行始末   東 圭一

最終選考の結果は、「ランティエ7月号」及び弊社サイトにて発表の予定です。

第15回より、北方謙三・今野敏・角川春樹の三氏に加え、今村翔吾氏が選考委員に加わります。

※選考に関するお問い合わせには応じられません。ご了承下さい。

【第15回角川春樹小説賞】一次選考結果のお知らせ

第15回角川春樹小説賞におきまして、一次選考の結果、以下の11作品が二次選考へと進みました。

『奥州狼狩奉行始末』 東 圭一
『斉国の牙』 菅野 稀
『我がキモサベ、信長よ』 陸 理明
『祓禳の祝』 佐倉芳春
『重門』 十川峻一
『英国王室に、ご用心』 福田剛士
『よもぎと紅』 文月美弥
『三本の道』 益田和則
『僕と瓶詰めと静子さん』 実澄 彩
『幻獣列国記――笑わない氷の王と、窮地の虎』 門田真青
『斑模様の血脈』 山本純嗣
(五十音順)

二次選考結果は、3月下旬頃に小社ウェブサイトおよび「ランティエ」5月号で発表の予定です。
二次選考を通過した作品において最終選考が行われます。

※選考に関する問い合わせには応じられません。ご了承下さい。

【第14回角川春樹小説賞】決定のお知らせ

「第14回角川春樹小説賞」の最終選考会が5月27日に行われ、受賞作が下記の通り決定いたしました。

【第14回角川春樹小説賞受賞作】
  森 明日香(もり あすか) 『写楽女(しゃらくめ)』
 (宮城県仙台市在住)

『第14回角川春樹小説賞』は、2020年11月20日に締め切られ、計454作品の応募がありました。
最終候補に残った作品は以下の3作品でした。(順不同)

『写楽女(しゃらくめ)』 森 明日香(もり あすか)
『育霊(いくりょう)――丑三つ時』 甘江 慶 (あまえ けい)
『冒険貸借(ぼうけんたいしゃく)』 銀 たかな(しろかね たかな)

受賞作は今秋、刊行予定です。

また、引き続き第15回角川春樹小説賞の応募作品を募集しています。
応募要項はこちら
ぜひご応募ください。

※選考に関するお問い合わせには、応じられません。ご了承ください。

角川春樹事務所30周年企画「にほんの詩集」4月より刊行開始!

詩は、ことばの芸術であることはもちろん、言葉のサプリメントとして私たちの心を動かし、癒し、感動させ、自分自身について考えるきっかけを与えてもくれます。今まで興味のなかった人にも、胸に響く名詩にゆったり向き合うことをお勧めしたい――そんな想いで、新たな詩集シリーズを作りました。

当代一の詩人・谷川俊太郎、東日本大震災直後のCMで有名となった金子みすゞ、「祝婚歌」が人気の吉野弘、童謡で国民的人気のあるまど・みちお、さらに、魂の込もった歌詞で人々の心を揺さぶる中島みゆきを含む全12冊。

ご好評を得ているハルキ文庫の詩集シリーズよりもさらに厳選した名詩を、人気装丁家・鈴木久美氏とイラストレーターの西淑氏による美しい造本にて、角川春樹がプロデュースしてお届けします。

●刊行ラインナップ
2022年4月 「谷川俊太郎」「長田弘」「中島みゆき」
2022年5月 「吉野弘」「金子みすゞ」「萩原朔太郎」
2022年6月 「中原中也」「石垣りん」「まど・みちお」
2022年7月 「寺山修司」「工藤直子」「宮沢賢治」

●体裁/四六判上製 160ページ予定

●定価/予価・本体1,800円(税別) /全12巻 予価・本体・21,600円(税別)

全国書店にて予約受付中です。
掲載されている詩歌など詳しい情報が分かるこちらの刊行案内パンフレットをダウンロードしていただき、最終ページの用紙をご利用いただいて書店でご注文下さい。

【お詫び】『夜がどれほど暗くても』キャンペーンにつきまして
単行本『夜がどれほど暗くても』におきまして、【限定オリジナル書き下ろし小説プレゼント+「あなたが小説のキャラになる」キャンペーンの応募券】が、付いていない帯が一部発生しております。誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。
代わりに帯そでに印刷されているタイトル部分「夜がどれほど暗くても」の箇所を応募券とさせていただきたく存じます。
応募要項等の詳細は、小社Webサイトに掲載しております。
読者の方々には、まことにお手数をおかけしまして、恐縮でございます。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
【第13回角川春樹小説賞】決定のお知らせ

「第13回角川春樹小説賞」の最終選考会が5月27日に行われ、受賞作が下記の通り決定いたしました。

【第13回角川春樹小説賞受賞作】
  稲田幸久(いなだ・ゆきひさ)『風雲月路』
 (37歳、広島県広島市在住)

『第13回角川春樹小説賞』は、2020年11月20日に締め切られ、計454作品の応募がありました。
最終候補に残った作品は以下の3作品でした。(順不同)

『京流神剣紀』  佐藤遼空(さとう はるか)
『風雲月路』   稲田幸久(いなだ ゆきひさ)
『忍びしのぶれど』裳下徹和(もしも てつわ)

受賞作は今秋、刊行予定です。

また、引き続き第14回角川春樹小説賞の応募作品を募集しています。
応募要項はこちら
ぜひご応募ください。

※選考に関するお問い合わせには、応じられません。ご了承ください。

【お詫び】『夜がどれほど暗くても』キャンペーンにつきまして
単行本『夜がどれほど暗くても』におきまして、【限定オリジナル書き下ろし小説プレゼント+「あなたが小説のキャラになる」キャンペーンの応募券】が、付いていない帯が一部発生しております。誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。
代わりに帯そでに印刷されているタイトル部分「夜がどれほど暗くても」の箇所を応募券とさせていただきたく存じます。
応募要項等の詳細は、小社Webサイトに掲載しております。
読者の方々には、まことにお手数をおかけしまして、恐縮でございます。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
第12回角川春樹小説賞 決定のお知らせ

「第12回角川春樹小説賞」の最終選考会が5月28日に行われ、受賞作が下記の通り決定いたしました。

【第12回角川春樹小説賞受賞作】
渋谷雅一(しぶや・まさいち)『すっきりしたい』
(60歳、千葉県在住)

『第12回角川春樹小説賞』は、2019年11月22日に締め切られ、計420作品の応募がありました。最終候補に残った作品は以下の3作品でした。(順不同)

『地獄のフリルスカート』 田井庸介
『たった一人ではなく、唯一の君のために』 小島英希
『すっきりしたい』 渋谷雅一

受賞作は今秋、刊行予定です。

また、引き続き第13 回角川春樹小説賞の応募作品を募集しています。
応募要項はこちら
ぜひご応募ください。

※選考に関するお問い合わせには、応じられません。ご了承ください。

【お詫び】『夜がどれほど暗くても』キャンペーンにつきまして
単行本『夜がどれほど暗くても』におきまして、【限定オリジナル書き下ろし小説プレゼント+「あなたが小説のキャラになる」キャンペーンの応募券】が、付いていない帯が一部発生しております。誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。
代わりに帯そでに印刷されているタイトル部分「夜がどれほど暗くても」の箇所を応募券とさせていただきたく存じます。
応募要項等の詳細は、小社Webサイトに掲載しております。
読者の方々には、まことにお手数をおかけしまして、恐縮でございます。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
第11回角川春樹小説賞決定のお知らせ

「第11回角川春樹小説賞」の最終選考会が5月24日に行われ、受賞作が下記の通り決定いたしました。

【第11回角川春樹小説賞受賞作】
柿本 桂(かきもと・かつら)『ブラックシープ・キーパー』
(27歳 北海道札幌市在住)

『第11回角川春樹小説賞』は、2018年11月22日に締め切られ、計518作品の応募がありました。最終候補に残った作品は以下の3作品でした。(順不同)

陰流呪剣行         羽山 遼
諏訪蛇神伝奇        崑 鳶尾
ブラックシープ・キーパー  柿本 桂

受賞作は今秋、単行本として刊行予定です。

また、引き続き第12回角川春樹小説賞の応募作品を募集しています。
応募要項はこちら
ぜひご応募ください。

※選考に関するお問い合わせには、応じられません。ご了承ください。

【大阪】高田郁さん『あきない世傳 金と銀(六)本流篇』 刊行記念トーク&サイン会のお知らせ

■開催日時:2019年3月3日(日)  14:00〜 ※要整理券

■場所:天王寺ミオホール 本館 12階 会場
〒543-0055
大阪市天王寺区悲田院町10−39 天王寺ミオ本館12階

■参加対象書籍:『あきない世傳 金と銀(六)本流篇』

◆店頭配布◆
3/1(金)天王寺ミオ店の開店時より『あきない世傳 金と銀(六)本流篇』を新規に購入された方に配布いたします。

◆電話予約◆
紀伊國屋書店 天王寺ミオ店 電話番号:06-6776-7091

◆注意事項◆
※定員に達し次第、整理券の配布を終了させて頂きます。
※イベント会場での撮影・録音は一切お断り致します。
※整理券をお持ちでない方は会場へ入ることはできません。
※整理券の紛失に伴う再発行は一切致しかねます。
※お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済みの書籍や整理券の払い戻しは致しかねます。サイン本のお取り置きなども致しかねますのでご了承ください。
※お電話でご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。
※対象書籍以外へのサインはお断り致します。

☆高田郁さんの高はハシゴダカとなります

【名古屋】蒼月海里先生『幻想古書店で珈琲を【番外編】賢者からの贈り物』刊行記念 サイン会のお知らせ

■日時:2019年3月21日(木・祝) 14:00開始 ※開場13:30予定

■場所:三省堂書店名古屋本店 中央レジ横特設会場(参加には整理券が必要です)
〒450-6608
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 タカシマヤ ゲートタワーモール8F

■予約・お問い合わせ:052-566-6801

◆対象書籍
『幻想古書店で珈琲を【番外編】賢者からの贈り物』本体予価480円+税(3/15頃発売)角川春樹事務所:刊

◆参加方法
※サービスカウンターかお電話にて書籍・整理券のご予約を受け付けいたします。(定員に達し次第配布終了)
※お電話でのご予約は2019年2月25日(月)10:00〜となっております。
※当日、サインをさせていただく書籍は、サイン会参加対象書籍および
三省堂書店名古屋本店で購入レシートのあるハルキ文庫『幻想古書店で珈琲を』シリーズ既刊本となります。
※動画・写真撮影、録音等は禁止させていただきます。

詳細は三省堂書店名古屋本店HPにてご確認ください。

株式会社 角川春樹事務所
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30 イタリア文化会館ビル5階
TEL03-3263-5247|FAX03-5275-2679
内容に関してのお問合わせ購入に関してのお問合わせ