最新号

今月の特集

今野敏の世界

西上心太氏による刊行記念インタビュー

ロングセラー「安積班」シリーズ待望の最新刊、『夏空 東京湾臨海署安積班』は、シリーズの記念すべき二十作目となる。節目である本作の刊行にあたり、安積班の始まりやこれまでの歩み、日本の警察小説の原点にいたるまで、今野氏へ深く切り込んでみた―。

----------------

―― 安積が準主役で登場する『蓬莱』や『イコン』を除けば、本書『夏空』でこのシリーズは二十作目になります。第一作『東京ベイエリア分署』(『二重標的 東京ベイエリア分署』に改題)の刊行が一九八八年でしたが、そもそもお台場を舞台にした警察小説を書こうとしたきっかけは?

今野 敏(以下、今野)> 当時お台場は開発途中で、これからいろいろな施設ができてくる予定でした。次に高速道路を走り回るパトカーのイメージがわきまして、湾岸をくまなく管轄する警察署があったら格好いいなと。エド・マクベインの「87分署」シリーズが好きでしたし、日本には分署という組織はありませんが、ベイエリア分署というタイトルがぱっとひらめいて。

―― 三冊出たところで一時中断して、六年ほどブランクがあった後に安積班ごと神南署に引っ越しますね。

今野> 最初の版元の倒産があったり、お台場の開発も頓挫したりで、いっとき書く気が失せてました。その後『蓬莱』と『イコン』で安積を神南署の刑事として登場させました。当時代々木公園に変造テレホンカードを売る外国人が大勢いて、社会問題化していました。そこで神南署をその近くにある署に設定して安積班ごと引っ越しをさせました。

―― 神南署は二作で終わり、二〇〇〇年に角川春樹事務所から刊行された『残照』から再びお台場に戻って現在に至っています。こうしてみると社会情勢に左右されたシリーズですね。

今野> 仰るとおりです。でもシリーズものは社会情勢でも何でも、ネタを見つけられないと続けられないから必然的に反映されるようになりますね。

―― 東京ベイエリア分署の正式名称は最初から東京湾臨海署ですが、お台場に戻った時もまだプレハブの二階建てでした。隣に七階建ての立派な新庁舎ができて引っ越すのは『夕暴雨』(二〇一〇年刊)からですね。

今野> 『夕暴雨』の連載が始まる少し前の二〇〇八年三月に、東京湾岸警察署が開署しました。私が臨海署の場所として想定していたのと同じ場所に建てられたので驚きましたね。あとから聞いたのですが、署の名称を公募したところ、その中には臨海署というのもあったそうで、そうなっていたら面白かった。小説の中でも大規模な所轄署になりましたが、いまだにバラック建てで、安積が靴音を立てながら外階段を降りて来るというイメージがあります。

―― 神南署が舞台になるテレビドラマの「ハンチョウ」が話題を呼び、シリーズへの注目もさらに増しました。ドラマのオリジナルキャラクターの女性刑事・水野を小説にも登場させました。

今野> テレビを見てからの読者にとって、原作を読んだら彼女がいないというのではおかしいなと思って登場させることにしました。須田と水野を同期にしたのはドラマと関係のない、オリジナルの設定です。彼女もいいキャラクターに成長したと思います。

―― お台場に戻ってからは、長編と短編をほぼ交互に刊行されていて、今回は十編が収録された短編集です。ふだんあまり目立たない脇役がクローズアップされたり、各編に胸を打つ台詞があったり、印象深い作品ばかりでした。

今野> 特にシリーズ短編はそういうことができるのがいいですね。でも書く方は大変で、短編一編でも長編と同じくらいのエネルギーが必要ですので、短編連載の年は苦労します。長編の連載の方が楽といえば楽ですね。

―― 読む方はそういう苦労に気づきません。気づかせないのがベテランの腕なのでしょうけど。

今野> もともと短編を書くのが好きということもあります。書いていて苦労は多いが楽しい。最近は出版事情が良くないし、短編集になるのかも未知数なので書かない人が多いけど、短編は本当に勉強になるので、若い作家も書いてほしいですね。

―― 短編の方が決め台詞や格好いい台詞が目立つ気がします。一編に一つは必ずある。

今野> 小説ってそういうものですよ。長編でも決め台詞は一つか二つ。短編だと短い中で一つは必要なのでそこは大変ですが、短編集全体で読むと長編よりこちらの方が多くなるのでかえって贅沢です。

―― 今野さんは警察小説を以前から書き続けてきましたが、「このミステリーがすごい!」のランキングを眺めていても、最初の十年くらいは警察小説がほとんどなかったことに気づきました。大沢在昌さんの『新宿鮫』と村薫さんの『マークスの山』くらい。

今野> 大沢さんの『新宿鮫』は警察小説というよりハードボイルドアクションだよね。

―― 横山秀夫さんが二十世紀末に出てきて、捜査畑じゃない警察官が主人公の警察小説で注目されて、それから今世紀になって警察小説がミステリーのジャンルとして大きく注目されるようになりました。

今野> いまの警察小説は横山さんが作ったと思います。自分もずっと書いていたけどあまり読まれていなかった。横山さんのおかげで皆さんがこのジャンルを読んでくれるようになった、そんな気がしてます。六〇年代には藤原審爾さんの「新宿警察」シリーズがあったけど、それ以外にチーム捜査を基本とした警察小説がなぜなかったのかと考えていて、ある時気がついた。池波正太郎さんの「鬼平犯科帳」があった。日本人はあのシリーズで皆満足していたのじゃないでしょうか。

―― それは卓見かも。横山さんと今野さんは中興の祖かもしれませんね。ともあれこのシリーズの短編を読んでいると、江戸の市井小説のような味わいを感じる時があります。

今野> そのへんも鬼平の影響があるかも。警察小説って何でも盛り込めるいい器なんですよ。警察官が中心にいれば、捜査小説はもちろんのこと、家族小説にもなるし犯罪小説にも恋愛小説にもなる。非常に使い勝手がいい。犯罪以外のところにもドラマがある。警察内の人間関係、上下関係、組織と個人の対立とか、たぶんそちらを描く方が面白い。

―― 今野さんは現在警察小説だけでも十シリーズくらい書いていますが、本シリーズに対する思いはいかがでしょうか。

今野> とにかく警察小説を書きたかったので、これを書き始める時は嬉しくてしかたがなかった。その時からこれはライフワークにしようと思っていました。このシリーズだけは死ぬまで書き続けるつもりです。

●新刊紹介

『夏空 東京湾臨海署安積班』 今野敏
外国人同士が揉めているという通報があり現場に駆けつけると、複数の外国人が罵声を上げて揉み合っていた。ナイフで相手を刺して怪我を負わせた一人を確保し、送検するも、彼らの対立はこれでは終わらなかった……(「略奪」より)。 高齢者の運転トラブル、半グレの取り締まり、悪質なクレーマー…… 守るべき正義とは何か。揺るぎない眼差しで安積は事件を解決に導いていく―。 ドラマ化もされた大ロングセラー「安積班」シリーズ熱望の最新刊! おなじみの安積班メンバーに加え、国際犯罪対策課、水上安全課、盗犯係、暴力犯係など、ここでしか味わえない警察官たちのそれぞれの矜持が光る短編集。
定価1980円(税込)
今野敏(こんの・びん)
1955年、北海道生まれ。上智大学在学中の1978年に「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。卒業後、レコード会社勤務を経て専業作家に。2006年、『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、2008年に『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞を受賞。2017年、「隠蔽捜査」シリーズで吉川英治文庫賞を受賞。2023年、日本ミステリー文学大賞を受賞。著書に「東京湾臨海署安積班」「任侠」シリーズなど多数。
聞き手: 西上心太(にしがみ・しんた)
文芸評論家。1957年生まれ。東京都荒川区出身。早稲田大学法学部卒。同大学在学中はワセダミステリクラブに在籍していた。日本推理作家協会員でもあり、数々の推理小説で巻末解説を担当している。

櫻部由美子の世界

『そなたの母 出直し神社たね銭貸し』刊行記念

ヒロインの、まっすぐな成長を描く心地よい時代小説

文芸評論家
細谷正充

水を得た魚ならぬ、水を得た作家というべきか。「出直し神社たね銭貸し」シリーズを執筆している櫻部由美子のことである。周知のように作者は、二〇一五年、童話『シンデレラ』の世界をベースにしたユニークなファンタジー『シンデレラの告白』で、第七回角川春樹小説賞を受賞してデビュー。続く第二長篇『フェルメールの街』は、十七世紀のオランダを舞台に、画家のフェルメールや顕微鏡の父といわれるレーウェンフックが活躍する、ミステリー・タッチのストーリーだった。デビュー作もミステリー味があり、これから西洋ミステリーを書いていくのかと思った。ところが三冊目の『ひゃくめ はり医者安眠 夢草紙』で、時代小説に乗り出す。ずいぶん思い切った方向転換だと、ちょっと驚いたものだ。

しかし時代小説の水は、作者に合ったのだろう。『ひゃくめ』もよかったが、四冊目となる『くら姫 出直し神社たね銭貸し』で、見事に時代小説家としての才能を開花させた。作品の面白さに気づいた人も多く、二〇二一年、第十回日本歴史時代作家協会賞文庫書き下ろし新人賞を受賞。また、すぐにシリーズ化された。本書『そなたの母 出直し神社たね銭貸し』は、その第五弾である。

内容に触れる前に、シリーズのアウトラインを記しておこう。主人公のおけいは、天涯孤独な少女。十六歳の若さで、不運な人生を歩んでいた。だが閑古鳥により、貧乏神を祀っている下谷の〈出直し神社〉に導かれたことで、彼女の境遇は変わる。神社を守る〈うしろ戸の婆〉と呼ばれる老女は、人生を仕切り直したいという人たちに、縁起のよい〈たね銭〉を授けていた。ただし金額は貧乏神しだいである。〈うしろ戸の婆〉に見込まれたおけいは、古蔵を使ったお茶屋〈くら姫〉を再建したいと神社にやってきたお妙という女主人の手助けをすることになるのだった。

シリーズの第一弾は、茶屋のリニューアル・オープンを中心にして、働き者で知恵もあるヒロインの魅力を、読者に楽しく伝えてくれた。全三話で構成されているが、話が進むにつれ、ストーリーのラインが増えていく。ここが本シリーズの特徴になっている。また、ミステリーとファンタジーの要素が盛り込まれているのも、注目すべきだろう。

以上のポイントを踏まえて、本書を見てみたい。いつものように三話が収録されている。冒頭の「たまご売りのらほちへ」は、貧乏神のお使いで、常人には見えない閑古鳥・閑九郎のいたずらにより、たまご売りのらほち≠ェ〈出直し神社〉にやって来る。螺髪頭(天然パーマ)であることかららほち≠ニいう名になったが本名ではない。二十年前、江戸が高潮に襲われ、幼い彼は松浦の小さな浜で発見される。しかし記憶を失っており、助けてくれた老婆に育てられる。その後、老婆が亡くなると、両親を捜すために江戸に出てきたのだ。そんならほち≠ノ〈うしろ戸の婆〉は〈たね銭〉を与えるのだった。

一方で閑九郎がらほち≠ェたまごを仕入れている、たまご問屋〈とりの子屋〉にちょっかいを出していることが判明。おけいが〈とりの子屋〉に派遣される。

以後、らほち≠フ母親が二人現れた騒動、なぜかニワトリの被り物をしている〈とりの子屋〉の主人の女房や、見習い女中に関する疑問などに、おけいが関わっていく。その顛末は、読んでのお楽しみ。すべての謎が解かれるわけではなく、次の話へと興味を繋ぐのが櫻部流だ。

第二話「待ちぼうけの娘たちへ」は、知り合いの双子の兄妹の恋愛騒動に、おけいが振り回される。彼女が憎からず思っている、南町奉行所定町廻り同心の依田丑之助も加わり、人間関係は実に複雑。さらに双子の家は団子屋なのだが、兄が発案した団子祭りまで始まり、ストーリーが賑やかに進行する。おけいも知恵者の片鱗を見せ、愉快な気持ちで読んでしまうのだ。

そして第三話「面をかぶった母へ」で、ミステリーのテイストが強まる。いろいろあって丑之助の家に派遣されたおけいは、彼の母親で双子を嫌うお銀のもとで働く。また、付き合いのある〈くら姫〉関係にも関わったことから、第一話の未解決の謎も解かれることになる。予想以上に張られた伏線に感心し、終盤の相次ぐ意外性に茫然となる。伏線とはちょっと違うのだが、前の方に出てきた「鶏鳴狗盗」の故事が、こんな風に活用されるとは思わなかった。複数のストーリー・ラインを組み合わせ、物語を構築する作者の手腕が絶妙なのだ。

そうそう、〈うしろ戸の婆〉が、各話で与える〈たね銭〉の扱いも見事。特に第一話の使い方には感心した。第三話の〈たね銭〉の出し方も粋である。細部までよく考えられているのだ。

しかも、どの話も後味がいい。常に一生懸命に働くおけいの、まっすぐな成長も心地よい。詳しく触れる余地がなくなったが、巻を重ねるごとにおけいの知り合いが増え、彼女の世間が広がっていく。本書の双子たちもそうだが、以前の話で登場した人物が、重要な役割を担って再登場することもある。だからシリーズ物としての魅力も、一冊ごとに増しているのだ。おそらく櫻部由美子の代表作となる本シリーズ、いつまでも続いてほしいものである。

●新刊紹介

『そなたの母 出直し神社たね銭貸し』 櫻部由美子
閑古鳥のいたずらで、出直し神社に飛び込んできた男・らほち。たまご売りをしており、年齢は「二十四、五歳、だと思う」。二十年前、高潮が江戸の沿岸を襲ったときに家族もろともさらわれ、たった一人流れ着いた浜辺で老婆に拾われたのだ。身元が知れるものはなにもなく、らほちという名前は螺髪頭にちなんでその老婆がつけたものだった。確かな年齢もわからないまま生きてきたが、自分が何者か知りたくなって江戸で仕事をしながら本当の親を探しているという。うしろ戸の婆は実の親に会えるようにと、四十文をたね銭として授けるのだった。らほちはこのたね銭を何に使うのか。そして、今回おけいに与えられたミッションとは? またまた多くの謎が謎を呼び、一大波乱が巻き起こる!
定価836円(税込)
櫻部由美子(さくらべ・ゆみこ)
大阪府生まれ。銀行員、鍼灸師などを経て、2015年、『シンデレラの告白』で第7回角川春樹小説賞受賞。21年『くら姫 出直し神社たね銭貸し』で第10回日本歴史時代作家協会賞文庫書き下ろし新人賞受賞。著書に『フェルメールの街』『ひゃくめ はり医者安眠 夢草紙』など。
株式会社 角川春樹事務所
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30 イタリア文化会館ビル5階
TEL03-3263-7047|FAX03-3263-3177
内容に関してのお問合わせ購入に関してのお問合わせ